メニュースキップ

XEDITION

美容ニュース

::: 最新健康・美容ニュース:::  美容業界の最新情報.健康・美容コラムを掲載しています。
  1. 「人生の目的」をもつと寿命が延びる

    人生に対して目的意識をもつと、心臓が保護され、寿命が延びる――こんな研究結果が「Psychosomatic Medicine: Journal of Biobehavioral Medicine」12月3日号に掲載された。米マウントサイナイ・セントルークス・ルーズベルト病院(ニューヨーク市)のAlan Roz...
    Date2015.12.25 Views96
    Read More
  2. 前立腺がんのホルモン療法がアルツハイマー病リスクに関連

    前立腺がんのホルモン療法により、男性のアルツハイマー病発症リスクが劇的に上昇する可能性が、大規模な医療データの解析により示唆された。前立腺がんの男性は、アンドロゲン遮断療法(ADT)を受けるとアルツハイマー病リスクがほぼ2倍となり、1年以上ADTを...
    Date2015.12.25 Views127
    Read More
  3. 何kg減量すれば他人に気づいてもらえるのか?

    どのくらい減量すれば、他の人があなたの顔の変化に気づきはじめるのだろうか。この疑問に答える研究報告が、「Social Psychological and Personality Science」2016年1月号に掲載された。カナダ、トロント大学准教授のNicholas Rule氏らの研究。 Rule氏らに...
    Date2015.12.25 Views64
    Read More
  4. PMSで女性の高血圧リスク上昇か

    多くの女性が月経前緊張症(PMS)に悩んでいるが、中等度から重度のPMSの女性は後に高血圧になるリスクが高い可能性があることが新たな研究で示された。因果関係は明らかにされていないが、PMSの女性は血圧の変化に注意する必要があると、米マサチューセッツ...
    Date2015.12.15 Views54
    Read More
  5. くしゃみの「雲」は数分で部屋中に広がる

    人がくしゃみをすると、雲のようなものが高速で出て、数分で部屋を汚染しまうことがわかった。米マサチューセッツ工科大学(MIT)のLydia Bourouiba氏らの研究で、米アラバマ州モービルで開催された米国物理学会(APS)の年次集会で発表された。 Bourouiba氏...
    Date2015.12.15 Views72
    Read More
  6. ADHD治療薬が小児の睡眠障害に関連

    注意欠陥多動性障害(ADHD)の治療薬が小児の不眠の原因となる可能性が、新たな研究レビューで確認された。「Pediatrics」オンライン版に11月23日掲載された今回の解析では、ADHDの治療薬を処方された小児に、入眠や睡眠維持の困難が生じる場合があることが明...
    Date2015.12.15 Views63
    Read More
  7. ハワイでデング熱が増加

    この冬、ハワイに旅行する予定のある人は注意が必要だ。ハワイでは現在、蚊が媒介するウイルスであるデング熱が流行しているという。 9月中旬以降、ハワイでは122件のデング熱症例が確認されており、そのうち106件は地元住民、16件は観光客だという。さらに1...
    Date2015.12.15 Views75
    Read More
  8. マンモグラフィの偽陽性、後のがんリスクを示す可能性

    マンモグラフィで偽陽性の結果が出た女性は、後に乳がんを発症するリスクが高い可能性があることが、新たな研究で示された。しかし、研究を率いた米ノースカロライナ大学チャペルヒル校放射線科助教授のLouise Henderson氏は、「リスクを高める要因は多数あり...
    Date2015.12.15 Views54
    Read More
  9. 減量したいなら「食べ物の話」はしないほうが賢明

    特定の食べ物の名前がストレスと遺伝に影響し、不健康な食事のきっかけになりうることが、米ジョンズ・ホプキンス大学(ボルチモア)准教授のSusan Carnell氏らの研究で示唆され、米ロサンゼルスで開催された米国代謝・減量手術学会(ASMBS)および米国肥満学...
    Date2015.11.25 Views56
    Read More
  10. エナジードリンクを飲むとストレスホルモン値が急上昇する

    たった1缶のエナジードリンクが、健康な若年成人のストレスホルモン値や血圧値の急上昇を引き起こすことが新たな研究で明らかにされた。研究を率いた米メイヨー・クリニック(ロチェスター)のAnna Svatikova氏は、「健康な若者でもこのような反応がみられる...
    Date2015.11.25 Views62
    Read More
  11. コレステロール低下で「患者と医師が報酬をもらえる」プログラムが有効

    健康向上に対して金銭的報酬を与えるプログラムの研究において、意外な結果が得られたという。患者と医師の双方に報酬を与えた場合、1年間の治療でLDL(「悪玉」)コレステロール値が有意に低減したのに対し、患者または医師のいずれか一方にのみ報酬を与えた...
    Date2015.11.25 Views120
    Read More
  12. 妊娠後期のマタニティ・ヨガの安全性

    妊娠後期でも、ヨガは妊婦にとって安全らしい――米Kosair小児病院(ケンタッキー州ルイビル)のRachael Polis氏らのこんな研究結果が、「Obstetrics & Gynecology」に掲載された。 米国ではヨガの人気がますます高まっており、最近の調査によると、2012年...
    Date2015.11.25 Views47
    Read More
  13. 「バルーン入り錠剤」で肥満治療が可能に?

    錠剤を飲むだけで痩せる治療が実現に近づいていることが、予備的研究で示された。 現在試験段階にあるのは、細い管のついたカプセル内に詰めた胃内バルーン。このカプセルを飲み込むと、胃で溶けて中からバルーンが出てくる。そのバルーンに管から緩衝液を注...
    Date2015.11.20 Views52
    Read More
  14. 減量したいなら「食べ物の話」はしないほうが賢明

    特定の食べ物の名前がストレスと遺伝に影響し、不健康な食事のきっかけになりうることが、米ジョンズ・ホプキンス大学(ボルチモア)准教授のSusan Carnell氏らの研究で示唆され、米ロサンゼルスで開催された米国代謝・減量手術学会(ASMBS)および米国肥満学...
    Date2015.11.20 Views51
    Read More
  15. がんと関節炎の治療薬が禿頭症にも有用

    関節リウマチ治療薬として承認されているトファシチニブと、血液がん治療薬として承認されているルキソリチニブが、発毛を促進する可能性もあることがわかった。米コロンビア大学(ニューヨーク)分子皮膚科学准教授のAngela Christiano氏らの動物研究で示唆...
    Date2015.11.17 Views142
    Read More
  16. TVの見過ぎが主要疾患による死亡リスクに関連

    TVの見過ぎが、主要な死亡原因のいくつかと関連することが、新たな米国の研究で明らかとなった。米国人の92%は自宅にTVを持ち、成人の80%が余暇の半分以上にあたる1日平均3時間半、TVを見ているという。 今回の研究では、米国立がん研究所(NCI)のSarah Ke...
    Date2015.11.17 Views53
    Read More
  17. 条虫からヒトにがん細胞が伝播 ―コロンビア人男性の例

    HIVに感染しているコロンビア人男性に、条虫から伝播したがん細胞に起因するがん性腫瘍が発生した症例が報告され、「New England Journal of Medicine」11月5日号に掲載された。米国疾病管理予防センター(CDC)によると、これはいわゆる「悪性形質転換」の初...
    Date2015.11.17 Views58
    Read More
  18. 英国、アジアで猩紅熱が再流行

    ほとんど過去の歴史となっていた子どもの病気である「猩紅熱」が、世界の一部で再び出現し、英国とアジアで大流行が報告されている――こんな研究結果が「Scientific Reports」オンライン版に11月2日掲載された。オーストラリア、クイーンズランド大学感染症セ...
    Date2015.11.17 Views57
    Read More
  19. 抗生物質が子どもの体重増加を引き起こす

    抗生物質の反復使用は小児の体重増加と関連し、生涯にわたり、体重に影響する可能性が示唆された。「International Journal of Obesity」オンライン版に10月21日掲載された、米ジョンズ・ホプキンズ大学ブルームバーグ公衆衛生学部(ボルチモア)環境健康科学...
    Date2015.11.10 Views62
    Read More
  20. 胸焼けの治療薬が腎疾患リスクに関連

    胸焼けの治療によく用いられるプロトンポンプ阻害薬(PPI)と慢性腎臓病(CKD)の関連が、新たな2件の研究で示唆された。PPIは胃酸を減少させることで、胸焼けや胃酸の逆流を治療する薬である。 今回の研究では因果関係は裏付けられていないが、研究著者の1人...
    Date2015.11.10 Views156
    Read More
Board Pagination Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 26 Next
/ 26
上へ